旬食材をフル活用 (2013年9月号)
9月に入ってもまだまだ  暑い日が続いていますね。
「 今年の夏はいつもより暑かった~ 」
と毎年言っているのは私だけでしょうか ・ ・ ・ 。
 
8月は最高気温が40℃を超すなど、本当に暑い日が続きました。
夏バテされた方も多いのではないでしょうか。
そんな中、我が家では夏バテをしないように、食事面でいろんな工夫をしてみました。
今回はその取り組みをいくつかご紹介したいと思います。
 
 
《 冷や汁で食欲キープ 》
ご存知の方も多いと思いますが、冷や汁とは、冷たい味噌汁用の汁に焼き魚や胡瓜、
ミョウガ、豆腐などを入れた宮崎県の郷土料理です。
買い物をしていた時に
「 冷や汁の素 」 を見つけ、試しに作ってみたところ大好評 ! !
暑くて食欲がない時には、よく作ってご飯にかけて食べていました。
中に入れる具材は、胡瓜や豆腐の他に、焼き魚の変わりにツナ缶を入れてみたり、
オクラを刻んで入れてみたりと、いろんな組み合わせを楽しみました。
また、ご飯にかけるだけでなく、そうめんやうどんにかけても美味しかったです。
一気にたくさんの食材が摂れ、さらに冷蔵庫に作り置きしておいて、そのままご飯に
かけて食べられるという手軽さから、夏休み中の子供たちの昼食に大活躍でした。
 
 
shiru   
 
  
《 トマト をうまく活用 》
夏野菜の定番 「 トマト 」 は我が家でもすでに大活躍していましたが、今回は食べる
タイミングを工夫しました。
トマトは、ビタミン類を多く含み、体を冷やす作用があると言われています。
そんな特徴をうまく活用し、外から帰ってきた子供たちのおやつとして出したり、運動時
の休憩中にミニトマトを食べたりしました。冷やしたミニトマトを運動時に食べることによ
り、体が冷えてくるのを実感したので、現在も続けています。
 
   
《 スイカ  で水分補給 》
90%以上が水分でミネラル分を多く含み、さらにトマト同様に体を冷やす作用のある
「 スイカ 」 。我が家では好きな時に好きなだけスイカが食べられるよう、1玉全部を
一口大に切っていくつかのタッパーに分けて保存しています。子供たちにも手軽に食
べられるので、あっという間に1玉なくなりました。その間、お茶やジュースがほとんど
減らず、スイカで水分を補給していたようです。来年もこの方法でスイカを楽しみたい
なと思っています。
  
suika1  
 
 
他にも 8月コラム で山本さんが紹介していた豚シャブなども試しました。
梅干しが苦手だったので、キムチで代用したところ、我が家では一時期、空前のキムチ
ブームとなりました。
 
一年中いろんな野菜が出回る今、今回の取り組みで改めて旬食材の凄さを実感しました。
夏野菜の特徴を知り、うまく活用することで夏バテせず、なんとか暑い夏を乗り切ることが
でいました。
味覚の秋までもうすぐ ・ ・ ・ 。 これから続々と出てくる美味しい旬食材を楽しみに、元気
に残暑も乗り切りたいと思います。 
 
                                                                        shiru
                      管理栄養士/小川 めぐみ (おがわ めぐみ)
                             2013年9月号
                                                          ■ バックナンバーへ ■
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あなたの骨は大丈夫? (2013年10月号) | ホーム | 夏バテ解消法 (2013年8月号)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/78-8880bf66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |