桜の季節(2013年4月号)


 桜が咲き乱れるこの時期、花見に出掛けるのは季節を楽しむ定番行事
の一つと言えますね。桜の品種にも色々あり、染井吉野、しだれ桜、大島桜、
八重桜などなど・・・。

  
皆さんは、もうお花見に出掛けられましたか?

どの桜にも趣があり、風情を感じますよね。

  

『 花より団子!』 と言うわけではないですが、

そんな桜を今年は見て楽しむだけでなく 『 食 』 してみてはいかがですか?

食事にも季節を意識することはとても大切なことです、旬の食材を取り入れたり、
季節感のある食事で、春を味わいましょう。
 

今回は桜を使用した食べ物や飲み物を紹介します。 
 
 

☆ 皆さんご存知 『 桜餅 』 ☆

桜餅には大きく分けて、2種類あるのを知っていましたか?

 
■関東風(長命寺)桜餅
kantou1 
↑小麦粉や白玉粉の生地を焼いてあんこを巻き、桜の葉 を巻いたもの。

       

■関西風(道明寺)桜餅
kansai1
道明寺のお餅であんこを包んで、桜の葉を巻いたもの。
      

  

こんなところからも、地域の食文化を伺い知ることが出来ますね。
  

どちらの桜餅にも巻かれているのが桜の葉。

桜の葉の香りをそのまま嗅いでもほとんど香りはありませんが、その葉を塩漬けに
することによって、葉に含まれる 『 クマリン 』 という成分が分解されて独特な香りを
放ちます。この芳香成分には防腐効果があるんですよ。

 
 

☆ 続いて 『 桜茶 』 ☆
 

塩漬けした桜の塩を軽く落として、湯呑みに一花入れお湯を注ぎます。

湯呑みの中で、桜の花が開きとても華やかです。縁起が良いとされ、よくお祝い事
に用いられます。この香りには、二日酔い防止効果もあるんですよ。

お湯の代わりに、昆布茶を注いでも美味しくいただけます。

 
  

ちょっと一手間かけた一品

☆ 『 魚と桜の葉を使った蒸し物 』 ☆
 

春が旬の魚(鯛・鰆・甘鯛等)を使うことで、春ならではの一品が出来ます。
 

~ 下準備 ~
 

a、魚に軽く塩を振っておく。
 

b、桜の葉の塩漬けを水で塩抜きしておく。
 

c、道明寺粉をぬるま湯で戻す。
    (赤の色粉があれば、うすく色を付けても綺麗です。)

 
~作り方~

 
aの魚がかくれるくらいに、cの道明寺粉で包み、蒸し器で12分程蒸します。

 
② 吸い物より少し濃い目の出汁に片栗粉でトロミを付けあんを作ります。

  (トロミはゆるめに付けたほうが上品に仕上がりますよ。)
 

③①の魚を、塩抜きした桜の葉で包み、②のあんをかけ、出来上がり。

(お好みでわさびを添えても合いますよ。)

 

私たちの施設でのおやつレクリエーションは、利用者様より作ってみたいおやつを
挙げてもらっているのですが、桜餅は春になるとリクエストされる一品です。
 

道明寺粉を使った関西風桜餅を今までに何度か作り、毎回皆様に喜んでいただけ
ています。
今年は、魚の桜蒸しも4月のイベント食の一品として提供する予定です。
これからだんだん暖かな気候になり、桜だけでなく色々な草花も楽しむことが出来る
ので、冬の寒さであまり運動をせず鈍ってしまった体を動かす為に、景色を楽しみな
がらウォーキングを始めてみてはいかがですか?
 

 
                                  sakura 
 

                         栄養士 / 山中 裕美 (やまなか ひろみ)
                                     2013年4月号
                                  
■ バックナンバーへ ■

スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<心も栄養からつくられる(2013年5月号) | ホーム | サプリメントとはいったい!? (2013年3月号)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/72-d8c31b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |