甘い香りに誘われて (2011年2月号)

 スーパーで果物売り場の近くを通ると、とっても甘い香りが・・・。
その先には真っ赤なイチゴが沢山陳列されています。

子どもからお年寄りまで多くの人に好まれるイチゴの旬がやってきました。

 

イチゴの旬は本来4月~5月でしたが、
促成栽培や品種改良によって、
12月~4月にかけて旬となってきました。
 
 ichigo
 

形のきれいなもの、甘みの強いもの、
日本中の産地が競争して、イチゴがますます美味しくなっています。
 

イチゴといえば、かつて関東の 「 女峰・・・甘酸っぱくてジューシー 」
九州の 「 豊の香・・・甘みと香りが強く、果肉がやわらかい 」
この2品種が主でしたが、品種改良が進み、
生産県を中心に優秀な品種が出てきました。
  
 

【宮城県】・・・もういっこ
甘味と酸味が強く一つ食べるともう一個食べたくなることから名前が付いた
 
 

【栃木県】・・・とちおとめ
女峰より粒が大きく酸味が少なく甘味がある。日持ちするのも特徴
  
 

【静岡県】・・・紅ほっぺ
果実が大きく、甘味と酸味のバランスが良く香りが高い
 
 

【愛知県】・・・ゆめのか
果実は少し硬め、甘味と酸味のバランスが良く果汁も豊富
 
 

【奈良県】・・・あすかルビー
糖度が高く、果実がしっかりしていて果汁たっぷり
 
 

【徳島県】・・・ももいちご
酸味は少なく、甘味たっぷり。 『 幻のイチゴ 』 と言われているようです
 
 

【福岡県】・・・あまおう
 「 まい、るい、おきい、まい 」 の頭文字をとって名付けられた
 
  

【佐賀県】・・・さちのか
酸味が少なく甘味が強い。中の果肉が白いのが特徴
 
  

【熊本県】・・・ひのしずく
みずみずしく甘味があり酸味は控えめ
 
                      

今度イチゴを購入する時は、
産地表示を見て食べ比べをし好みのイチゴを見つけてみてみませんか。

  

毎年新しい品種が登場するイチゴ。

今年はどんな品種が登場するのか楽しみです。

  
 

イチゴはビタミンCが豊富

イチゴの可食部100g中約62mgを含有し、成人が1日に必要なビタミンC推奨量

100mgには、68粒食べれば必要量を満たすことができます。
ビタミンCの働きは風邪予防や、
新陳代謝を高める働きからシミ・ソバカスなどの肌のトラブルにも効果的です。
ストレスや疲れが貯まっている人はビタミン
Cが多く消費されていくので、
手軽につまんで補給しましょう。

 
 

~ イチゴを選ぶポイント! ~

ヘタがピンとしていて、みずみずしく、緑の色が濃いもの。

赤い色が均一で光沢のあるもの。

果実がふっくらしていて、ハリがあるもの。

表面のツブツブがはっきりしているもの。

   

いちご狩りへ出掛けた時や、パック詰めのイチゴを買う時の参考にしてみて下さい。

パック詰めのものは、パックの底や廻りも見て傷みがないかも確認を!

 

イチゴはヘタ側と逆の先端側ではどちらが甘味が高いか知っていますか?

甘味は先端の方が高いので、大きなイチゴはヘタを先に取り、
ヘタ側から食べると最後まで甘味を楽しむことができるんですよ。

 

  

~簡単いちご大福レシピ~

いちご10個、白玉粉100g、砂糖50g、水200cc、あんこ250g、片栗粉適量
※大福の生地を作る。
【1】白玉粉と砂糖をボウルに入れ少しずつ分量の水を加えて溶き混ぜる。
【2】耐熱容器に移し、ラップをしてレンジで2分加熱。
【3】をレンジから取り出し水で濡らした木べらで混ぜ、
    再びラップをしてレンジで
2分加熱。生地が透明になったらOK。
    (透明にならなければ、もう一度繰り返す)

【4】片栗粉を敷いた上に生地を出し、10等分する。
   生地の完成 
あんこを10等分し、あんこでイチゴを包む。
(4)の生地を円く伸ばし、イチゴあんを包んで出来上がり。

  
 

施設のおやつレクでも好評だった中の一つです。

形は様々でしたが、出来立てのイチゴ大福はとっても美味しかったです。

是非試してみて下さい。
 
                                   ichigo1

                        栄養士 / 山中 裕美 (やまなか ひろみ)
                                    2011年2月号
                                   ■ バックナンバーへ ■

スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<300gを食べきるコツ (2011年3月号) | ホーム | とっても簡単 米粉の作り方 (2011年1月号)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/44-7c70c374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |