とっても簡単 米粉の作り方 (2011年1月号)

米粉パン、米粉ロールケーキ、米粉蒸しパン ・ ・ ・

お米を入れて米粉パンができるホームベーカリーも話題となり、

【米粉】は少し前からブームになっています。
 

うどんや餃子の皮、パスタなど、
用途はパンや菓子だけでなく、バリエーション豊かになっています。

 

米粉がこのように脚光を浴びたのは、
小麦価格の高騰によるところが大きいと言われています。
 
また、日本の食料受給率が2009年にまた低下をしたという現状も受け、
日本で自給が可能なお米の生産が見直されることとなりました。
 

生産調整(減反)のため米の生産を休んでいた水田が活用されるようになり、

2010年度、米粉の作付面積(実際に米を植え付けている面積)は
2009年の2401ヘクタールから4792ヘクタールへとなんと約2倍に増えました!
 

食料自給率が落ち込む日本にとっては、米粉はまさに救世主のような存在です。

米粉が市場に多く出回り始めたのはこのような経緯があったのです。

米粉が小麦粉より優れている点は以下に挙げられます。

・もちもちの食感で腹持ちが良い。
・小麦アレルギーに対応できる。
・油吸収が少なく低カロリー。
・栄養バランスに優れる。
・他の食材との相性が良い。
 
米粉を使用するレシピブックも店頭で目にする機会が増え、
こんなに魅力的な米粉ですが、小麦粉に比べて値段は高めです・・・。
 
しかし、米粉は家で作れるんです!
用意するのはミキサーと米だけ!
とっても簡単な米粉の作り方を紹介させて頂きます。


【1】米は洗って倍量の水につけ2時間以上、白っぽくなるまで吸水させておく。

   kome1

【2】ざるに上げて、水切りする。

   kome2

【3】ミキサーに【2】を1/4量入れ、ふたをして回す。
   残りの米も1/4ずつミキサーにかけて粉状になれば、出来上がり。

     kome3

       kome4

※ミルで作る場合も米は少量ずつ加える。ミキサーより細かく仕上がる。
  より細かくさせたい場合は、吸水した後、少し水分が残っている状態でミキサーに
  かけ、粉砕後に乾燥をさせてもOK。
   家庭で作った米粉は、長期保存には不向きなのでその都度作る必要があります。
 
米粉には様々な種類があります。
和菓子などで用いられている上新粉、もち米から作られている白玉粉、
道明寺粉も米粉です。
最近注目されている上新粉の中でも、上新粉よりさらに細かく粉砕し微細米粉と言
われる、上新粉より軽くしっとりとした食感になるのが特徴の米粉です。

 
○●米粉蒸しパンの作り方●○

【材料】
(1)米粉 ・ ・ ・ 100g
(2)砂糖 ・ ・ ・  30g
(3)牛乳 ・ ・ ・ 100g
(4)ベーキングパウダー ・ ・ ・ 小さじ1


【作り方】

(1)ポールに材料を全部入れ、混ぜあわせる。
(2)蒸し器で蒸す。
※竹串で刺して、何も付いてこなければ出来上がり。10分が目安です。
※砂糖は20gにすると甘味を抑えた仕上がりになります。
 

砂糖を黒砂糖に変えると、
風味やコクが増し、ビタミンミネラル摂取が期待できます。
また、牛乳を低脂肪乳に変えると脂肪は大幅に抑えられ、豆乳にすると、
鉄分の摂取 が期待できます。
 
 
米粉蒸しパンは、小麦粉で作る蒸しパンよりもずっしりとして満腹感が得られ、
時間が たっても固くなりにくく、もちもちした食感が続きます。
他にも、ハンバーグのつなぎ唐揚げの衣、とろみ付けなど小麦粉や片栗粉の
代用としても使用することができます。
 
これからも大活躍間違いなしの米粉を皆さんも是非一度、お試しください。
                                 CUT_161.gif  

                      管理栄養士/高田 康代 (たかだ やすよ)
                             2011年1月号
                                                          ■ バックナンバーへ ■
スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<甘い香りに誘われて (2011年2月号) | ホーム | お雑煮のいろいろ (2010年12月号)>>
コメント
ザルに上げて水切りすると書いてありますが
どれくらい水切りをすればよいのでしょうか?
米が乾くまでですか?
【2011/03/14 16:11】 URL | はな #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/43-7d00799a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |