「 食べるラー油 」 で夏を乗り切ろう!! (2010年7月号)
今年も暑い夏がやってきました!!
 
毎日、暑い日が続くと、ビールや あっさりした物を摂ることが増えますよね。
 
中には夏バテで、食欲が落ちて食べられなくなる方もいるのではないでしょうか ・ ・ ・ ?
 
また、汗をかいたまま冷房のきいている部屋に入り、体が冷えてしまうこともありますよね。
( 私は夏でも冷えに悩まされています。)
 
 
こんな時には、バランスのとれた食事を摂ると良いのですが ・ ・ ・ 。
 
食欲の低下している時期はなかなか難しいです。
 
 
そこで!!今、話題の 「 食べるラー油 」 に注目してみました。
 
 
「 食べるラー油 」 は香りが良く、食欲をそそります。
 
また、ごはんにつけてもよし、隠し味に使ってよし、とにかく何にでも合いますよね。
 
 
そして、「 食べるラー油 」 の中に入っている玉ねぎ・  にんにく ・ 唐辛子には
 
体を温める働きがあり、夏の冷え症にも効果的です。 夏に旬を迎える野菜には、体を冷や
 
す働きがあるため、冷え症の方は一緒に摂るといいですね。
 
 
しかし、大人気のためなかなか店頭で見かけることの少ない 「 食べるラー油 」 ですが ・ ・
    
 
 今回は当グループ調理師長考案の
 「 食べるラー油 」 レシピ をご紹介いたします!
  
 
< 材料 > 出来上がり量約300g (2人分)
 
フライドオニオン  ・ ・ ・ ・  20g
 
フライドガーリック ・ ・ ・ ・ 50g
 
スライスアーモンド ・ ・ ・  60g
 
パプリカパウダー  ・ ・ ・   大さじ1.5
 
  サラダ油     ・ ・ ・  130g
 
   ごま油      ・ ・ ・  50g
 
 ※ A
小さじ1
砂糖大さじ1.5
豆板醤小さじ3
ラー油小さじ5

◎豆板醤・ラー油はお好みで量を調節してください。
  
 
< 作り方 >
 
 1、フライドオニオン、フライドガーリック、スライスアーモンドを
  細かく刻みます。
 
 2、鍋にサラダ油を入れ熱し、スライスアーモンドを入れます。
 

 3、スライスアーモンドが色づく前に火を止め、パプリカパウダーを入れます。
 

 4、余熱のあるうちにフライドオニオン、フライドガーリック、※ A を入れます。
 
※ このときに油がはねることがあるため、注意してください。

 5、フライドオニオン、フライドガーリック、から泡が出なくなってきたら、
   ごま油、ラー油を入れます。

 6、冷めてから瓶につめます。一週間程度保存できます。
 
 
 ちょっとひと工夫
 
・生の玉ねぎ・ にんにく・を使うこともできますが、風味や甘味を出すために
 一度素揚げしてから使ってください。
 
・食感を楽しむために、干し海老くるみ白ごま などを入れるとより香ばしく仕上
 がります。 ( 入れる場合はスライスアーモンドと同じタイミングで入れてください )

 
・食べる時に刻んだ ネギ を足すとより風味が増します。
 冷奴との相性が抜群です。
 ( ただし日持ちしないので注意してくださいね。)
 

職員の昼食にも登場したこの「食べるラー油」は、職員にも大好評でした。
 
平成22年8月14日(土) に行なわれます 「 いつきの里 夏祭り 」 にも、
 
塩焼きそばとともに登場する予定です。
 
 
ご家庭で作って食べていただくのはもちろん、夏祭りでも、調理師長特製の
  
「 食べるラー油 」 をぜひご賞味ください!
 
今年の夏は「食べるラー油」で乗りきりましょう!!

   
                                                       rayu
 
                      管理栄養士/小川 めぐみ (おがわ めぐみ)
                             2010年7月号
                                                          ■ バックナンバーへ ■
スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シミ、シワの原因は紫外線! ~錆びない体づくり~ (2010年8月号) | ホーム | 日本の 「 だし 」 パワー (2010年6月号)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/37-4ea8afab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |