中食 ( なかしょく ) の上手な選び方(2010年2月号)

耳慣れない言葉かもしれませんが
「 中食 ( なかしょく ) 」  とは
コンビ二やスーパーなどでお弁当や惣菜などを購入したり、
デリバリーなどを利用して、商業的に調理や加工されたものを
家庭や職場で食事をとる形態のことを言います。
( ちなみに 「 内食 ( うちしょく ) 」 は家庭内で調理して
  食べる食事のことを指し、「 外食 ( がいしょく ) 」 は
    家庭外の飲食店などで食事をとる形態のことを指します。) 
 
 
最近では元から中食の傾向が高かった単身者や高齢者世帯
だけでなく、全世帯で増加傾向 にあるそうです。
これには、最近の不況の影響で外食を控える人や、
共働きの人が増え、家庭で調理に費やす時間がなく、こういった
食事を利用する人が増えてきているからだそうです。
 
  
中食には
「 食べたいものを必要な分だけ購入できる 」  「 種類が豊富 」
 「 手軽に利用できる 」 「 家事の負担を軽減できる 」
という メリット があります。
 
 
反対に デメリット として
「 自分の好みのものを選ぶ傾向にあり、
栄養が偏ってしまう場合がある 」
「 全体的に濃い味のものや油を使った料理が多く、
塩分やカロリーをとりすぎてしまう傾向にある。」
ということがあげられます。
 
 
どのくらいの人がこういった食事を利用しているのだろうと、
先日、スーパーに買い物に行った際に惣菜売り場を眺めていた所、
天ぷらやフライ物などの揚げ物を手にとる方を多く見かけました。
逆にサラダやお浸しなどの野菜類はあまり手にとる方を見かけませ
んでした。 
 
karaage 
 
また、コンビ二などに行くと温めるだけで食べられるお弁当などが
並んでいますし、デパ地下などに行くと、ちょっと変ったメニューが
所狭しと並んでいます。
特にデパ地下の惣菜売り場の種類の多さには、目移りしてしまう人
も多いのではないでしょうか?
 
 
しかし、  いくら種類が豊富といえど、中食も上手に選ばないと
塩分や脂質の摂りすぎにつながります。
最近では、カロリー表示や使用食材などが明記してあるものもあり、
昔に比べるとずいぶんと選びやすく なってきましたが、
ここで上手な中食の選び方などをいくつかご紹介したいと思います。
  
  
1、できるけたくさんの食材を使っているものを選ぶ。
単品料理を選んだらお浸しやサラダなど、食材をたくさん使われて
いるようなものを摂るようにする。同じような料理があれば、出来る
だけ食材が多く使われているのを利用するようにしましょう。
 
 
2、「 洋食 」 「 和食 」 「 中華 」 だけでなく、調理方法にも気をつける。
たとえば和食の 「 鶏のおろし煮 」 。和食だしヘルシーだと感じる方もいるかと
思いますが、実は思ったよりもカロリーが高いことがあります。
これは、鶏肉を揚げてから調理をしてある場合があり、カロリーが高くなってし
まうからです。このように調理方法によっても変わってきますので、種類だけで
なく調理方法にも気をつけましょう。
( 最近では、カロリーなどが表示してあるものも多いので、是非参考にして下さい )
 
 
3、購入する際は 「 少し足りないかな? 」 くらいがちょうどいい。
どうしても空腹時に食事を選ぶため、ついあれも、これも ・ ・ ・ と手を出しがち
です。そうすると、せっかく購入したものが食べきれないことがあり、でも、もった
いないから食べてしまう ・ ・ ・ というカロリーの摂りすぎにつながります。
残す勇気のある人は大丈夫ですが、どうしても食べきってしまう ・ ・ ・ という人
は少し少ないくらいの量を選びましょう。
 
 
4、醤油やソース、ドレッシング類はかけすぎない。
料理についている小袋に入っているソース類やドレッシングなどは、
大体15g~20gほど入っています。全部かけきってしまうと、塩分のとりすぎに
なってしまいますので注意しましょう。 
  
 
いかがですか?
もちろん、手作りの料理も素敵ですが、中食も家事の軽減などに便利な食事の形態
のひとつです。
今後、スーパーなどでお惣菜等を選ぶ際にぜひ参考にしていただければと思います。
 
                                     yukidaruma 
 

                       栄養士/山本 志帆子 (やまもと しほこ)
                             2010年2月号
                                                          ■ バックナンバーへ ■

スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やっぱお米でしょ ~ 歯の構造から分かる日本人に適する食事 ~ (2010年3月号) | ホーム | みかんパワー(2010年1月号)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/32-096ac61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |