みかんパワー(2010年1月号)

この季節といえば、コタツに さとと-みかん みかん!(私だけ・!?
すっかり寒くなり、みかんを食べる機会が増えているのではないでしょうか ・ ・ ・。
  
 
冬に旬を迎えるみかんには、
ビタミンC ・ ビタミンA ・ ビタミンB群 などが多く含まれています。
 
 
突然ですが、みかんの食べ方について質問です。

Q、みかんの白いスジはそのまま食べますか?
  それともきれいに取って食べますか?
 
私はきれいに取って食べています。
理由は ・ ・ ・ 口に残るのが嫌だから。
 
 
みなさんはどうですか?
 
みかんの袋 ( じょうのう膜といいます ) やスジには
食物繊維に加えフラボノイドも含まれていて、
一緒に摂ることでビタミンCの機能を高める効果 が期待できます。
スジはあまり取らずに食べるといいようですね。( 私も気をつけます )
 
ちなみに ・ ・ ・
みかんを食べると手のひらが黄色くなることがありますよね。
それはみかんに含まれる β-クリプトキサンチン という
カロテノイド色素 ( 体内でビタミンAに変換される ) によるもので、
これは 体内の脂肪組織に蓄積される 特徴があります。
皮下脂肪の多い手のひらにも蓄積され、手が黄色くなるのです。
( これは柑皮症( かんぴしょう ) という現象です。)
もちろん、β-クリプトキサンチン は手のひらだけでなく、
様々な部位にも蓄積されています。
柑皮症はカロテノイド色素の過剰摂取を止めれば自然に治ります。
 
 
さらに、みかんには貯蔵力があるので、わざわざ冷蔵庫に保存しなくても
温度が高くならない風通しの良いところにおくと良いそうです。
だから “ コタツにみかん ” なのでしょうか ・ ・ ・ ? 
 
  
冬の季節におすすめ、ビタミンCたっぷりのみかんですが、
体を冷やす作用もあるため、食べすぎには注意 が必要です。
   
逆に皮には体を温める働きがあるため、皮 ( ノーワックスのもの ) を
干して袋に入れ、入浴剤にすることもできます。
 
 
余談ですが ・ ・ ・
我が家の子供たちはみかんの皮で創作活動をしています。
 
mikan   
 
まだまだ寒い日が続きますが、美味しく、楽しく (?) みかんを食べて
冬を乗りきりましょう!!
 
  
参考文献 : キッチン栄養学 ・ FACT BOOK 果物と健康

   
                                                                         moti  
             管理栄養士/小川 めぐみ (おがわ めぐみ)
                                   2010年1月号 

                               ■ バックナンバーへ ■

スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中食 ( なかしょく ) の上手な選び方(2010年2月号) | ホーム | どちらがおすすめ?たい焼きと菓子パン(2009年12月号)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/31-f8adc1c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |