FC2ブログ
日本の食肉文化
「日本人が肉を食べるようになったのは最近のこと」というイメージはありませんか?

偶然みた健康情報誌のこの一文に目が留まりました。

たしかに日本は野菜や魚が中心の食文化でした。私自身、日本の食事は魚が中心で、食の欧米化に伴い、肉の摂取量が増えてきたのはごく最近のことだと思っていましたが、実は昔から肉もよく食べられていたようです。
今回は日本の「肉」文化についてご紹介します。

 遺跡からは、縄文時代に狩りで仕留めた獣や魚を焼いて食べていた跡が見つかっています。また最近の研究で、弥生~奈良時代には豚を食用家畜として飼っていたこともわかりました。
 それ以降は仏教が広まって「殺生してはならない」という思想から、人々から肉を食べる機会が奪われていましたが、薬になるという口実で、イノシシやシカを「ぼたん」や「もみじ」と呼んで食べていたようです。また、武士たちも流行りの鷹狩りで野兎を獲って食べていました。
 食肉が本格的に広まったのは幕末で、黒船来航がきっかけです。外国人向けの牛肉店や西洋料理店が、日本人向けにかわって増えてきたのです。特に牛鍋は人気で、明治時代にはたくさんの牛鍋店が開かれました。そしてそれは牛丼へと進化し、大衆食堂の定番メニューへとなっていきます。
 戦後にはさらに食の欧米化が進み、食肉消費量は増加します。養豚、養鶏がさかんになり、牛肉の輸入も始まって、肉は日常的に食べられるようになっていったのです。

日本人の平均寿命が大幅に伸びた理由には食肉文化が根付いたという背景もあります。
肉を食べると筋肉や骨が強くなり、体力がつきます。肉は良質なたんぱく質源として今や欠かせない食材です。大豆も豊富なたんぱく質を持つことで有名ですが、肉のような動物性たんぱく質のほうがアミノ酸の種類が多く、バランスも良いのです。
 数年前に食の欧米化によって生活習慣病が増加したと言われていました。
しかしそれは誤解があります。たしかに食肉の摂取は増えましたが、それよりも糖質や脂質の摂りすぎも原因の一つなのです。

 高齢化が進む今。いろいろな情報が瞬時に飛び交う時代となりました。高齢者に向けた食事の開発も進んでいます。そんな中でも健康で過ごせる時間が少しでも伸びるよう、脂質とカロリーを考えて、適量の肉を食べるように心がけましょう。
 そして新たな時代へ…。
これからも変化し続ける食文化を、いつまでも楽しめるといいですね。


                                                             いつきの里
                                                             管理栄養士 小川めぐみ


参考文献:株式会社こまど社 こまどNo.59
スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<薬と食品の関係 | ホーム | 薄・中・強力粉でパン作り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/149-e66fb437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |