FC2ブログ
コラーゲンを食べて『美肌になる』は本当か
スーパーやコンビニ、薬局などへ行くと、ドリンクやゼリーなどでコラーゲンが配合されているものをよく見かけます。こういったものは『美容』や『関節』への効果を期待して購入される方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな【コラーゲン】とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

~コラーゲンとは~
コラーゲンは動物の真皮や結合組織の主成分で、繊維状のたんぱく質です。コラーゲンは元々水に溶けず消化されにくい性質を持ちますが、水と一緒に加熱することで、水に溶けるたんぱく質『ゼラチン(変性コラーゲン)』に変化します。

そして、コラーゲンは人体の構成にも関わっています。人の体を構成する全たんぱく質の約30%を占め、そのうちの40%が皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、その他には血管や内臓など全身に広く分布しています。皮膚や骨・軟骨では、コラーゲンが主成分として繊維構造を作り組織の構造や柔軟性を保つ役割を担っています。人体にとってコラーゲンは無くてはならないものなのです。

コラーゲンを多く含む食品には、鶏の手羽や皮、軟骨、牛すじ、うなぎ、すっぽん、フカヒレなどがあります。

~コラーゲンを食べるとどうなるの?~
『皮膚や骨・関節に無くてはならないもの』と聞くと、『それを食べれば皮膚や関節に良い』と言われているのもわかる気がしますね。

しかし、先ほども書いたように、コラーゲンとは『たんぱく質』です。食物に含まれるたんぱく質の消化は胃から始まり、胃液・膵液などに含まれている酸や消化酵素によって、小さな分子まで分解されてから体に吸収されます。コラーゲンもこの過程は同じです。アミノ酸やペプチドと言った小さな分子まで分解されてから体に吸収されます。つまり、コラーゲンを摂取したからと言ってコラーゲンそのものとして体に吸収されるわけではないのです。

なかには『吸収されやすい低分子コラーゲン配合』と書かれている物もあります。低分子のコラーゲンはある程度分解されている為、吸収の効率が良くなると考えられているのは事実です。しかし、吸収されたものが体内で再びコラーゲンの合成に利用されるかどうかは分かっていません。
コラーゲンを摂取することでコラーゲンの原料となるアミノ酸を補給することはできます。しかし、実際に皮膚や関節の状態を改善する効果があるかどうかは、科学的に十分な証明があるわけではないのです。

健康な日々を送ることはとても大切です。しかし、美容や関節への効果を期待してコラーゲンの摂取にこだわるよりも、健康づくりの三本柱である栄養・運動・休養を見直すことが健康への近道です。テレビや雑誌などでは様々な健康に関する情報が飛び交いますが、成分にとらわれずバランスの良い食事を心掛けましょう。

参考
○国立健康・栄養研究所HP
○株式会社東京教学社 『イラスト 食品学総論』 

いつきクリニック一宮
管理栄養士 織田愛子

スポンサーサイト
| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<在宅訪問栄養指導について | ホーム | 睡眠不足になっていませんか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/137-0a214e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |