紅茶で幸せな時間を
みなさんこんにちは。今回のテーマは「紅茶」です。

紅茶イラスト2
私は紅茶を飲むと「ほっ」としますし、よい香りがするとそれだけで少し幸せな気持ちになるため大好きです。


そこで今回は紅茶について少し調べたので皆さんにもご紹介いたします。







【茶葉について】
まずは茶葉についてです。
実は緑茶類とウーロン茶や紅茶は同じ茶葉から作られるという事をご存知ですか?
私は大学生の時に授業で初めて知り、少しびっくりしました。

お茶の木はツバキ科に属する常緑樹で、品種はインドのアッサム種と中国種に大別されます。一般的にアッサム種は紅茶向き、中国種は緑茶向きと言われています。
茶葉中の酸化酵素を作用させることで私たちが普段目にする茶葉が作られています。
そして茶葉の製造方法で以下のように分類されています。

①不発酵茶・・・緑茶類(煎茶、玉露、抹茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶など)葉を摘み取った後にすぐに酸化酵素の働きを止めて作る。

②半発酵茶・・・ウーロン茶など酸化酵素の働きを途中で止めて作る。

③発酵茶・・・紅茶茶葉中の酸化酵素を十分に作用させた後に乾燥させて作る。

④後発酵茶・・・プーアール茶茶葉中の酸化酵素ではなく、蒸した茶葉を堆積し自然発酵させて作る黒茶の一種。

【紅茶の茶葉に含まれる成分】
高い抗酸化作用(紅茶フラボノイド)
紅茶フラボノイドは、病気や老化の原因となる活性酸素の害を防ぐ抗酸化物質で、ポリフェノールの一種。活性酸素を抑え、健康維持に貢献する注目の成分。

血管の健康維持(紅茶フラボノイド)
紅茶フラボノイドには、血管の健康に役立つ働きがある。血管の老化や動脈硬化などを防ぐ働きや、血液をサラサラにする効果も期待できる。

インフルエンザ予防(紅茶フラボノイド)
紅茶フラボノイドに含まれるテアフラビンには、ウイルスの殺菌効果がある。紅茶でうがいをすることで、ウイルスを体内に入りにくくすることができる。
ミルクティーだと有効成分が乳タンパクと反応することで効力が弱ってしまうため、風邪予防として紅茶を飲む時はミルクは入れない方が良い。また砂糖に関しては入っていてもいなくても殺菌効果はある。

リラックス&集中力アップ!(テアニン)
テアニンはアミノ酸の一種で、茶に含まれる独特の成分。摂取すると脳にα波が発生、気持ちがリラックスして頭がスッキリするので、集中力アップにつながる。

脂肪燃焼を促進(カフェイン)
カフェインを摂取した後に有酸素運動をすると、体内にある脂肪の燃焼が促されるといわれることから、ダイエット効果が期待出来る。

虫歯の予防(フッ素)
フッ素はミネラルの一種で、歯のエナメル質を強くし虫歯を予防する働きがある。紅茶にも含まれているので、食後に無糖紅茶を飲むと効果が期待できる。


【紅茶のレシピをご紹介】
まずは秋にピッタリな紅茶の飲み方を紹介!

★ ジンジャーハニーミルクティー ★
〈材料2杯分〉
紅茶表2

〈作り方〉
①あらかじめ温めておいたティーポットに茶葉としょうがを入れ、熱湯を注いで2分蒸らす。
②温めておいたティーカップに牛乳を入れる。
③①のホットティーにはちみつを加え、よくかき混ぜてから、②のカップに注ぐ。

ポイント:やさしいはちみつの甘さと、しょうがの効果で体もぽかぽかしてきます♪牛乳やティーポット・ティーカップを温めておくことで、冷めずに温かいまま紅茶を頂くことが出来ます。

次は紅茶を使ったお料理レシピです!

★ 豚肉の紅茶煮 ★
〈材料約4人分〉
紅茶表1

〈作り方〉
①鍋に水を入れて沸騰したら火を止めてティーバッグを入れ、フタをして2~3分蒸らす。
②ティーバッグを取り出し、煮汁用に紅茶液を100ml採って別の鍋に入れておく。
③①の鍋に豚肉を入れ、弱火で40~50分アクを取りながらゆでる。
④粗熱が取れるまでゆで汁につけておく。
⑤②の鍋に調味料を全て入れ一煮立ちさせ、④の肉とゆで卵を入れて弱火で5~10分ほど煮汁を回しかけながら煮る。
⑥粗熱が取れたら肉と卵を取り出し、肉はスライス、卵は半分に切って盛り付ける。
⑦⑤の煮汁を煮詰めてソースにし、⑥の上にかけて出来上がり!

ポイント:肉をゆでた後、ゆで汁につけたまま粗熱を取ることで柔らかく仕上がり、味も染み込みやすくなります。また、紅茶が臭みのないさっぱりとした味に仕上げてくれます。


日本では日本紅茶協会が1983年(昭和58年)に11月1日を「紅茶の日」と定めたそうです。
今回コラムを通じて調べたところ、紅茶には色々な種類があり、季節によってアレンジのレシピも様々あって楽しみ方がたくさんな上に、健康のために手軽に生活に取り入れられる食品であるという事を改めて感じました。
またより美味しく紅茶を頂くために、紅茶を入れるポイントや種類などもっと勉強してみたいと思いました。
皆さまも紅茶を飲んでちょっぴり幸せな時間を過ごしませんか?



参考文献:しあわせ紅茶時間
紅茶イラスト1



                       管理栄養士/船渡さゆり (ふなとさゆり)
                           2016年11月号
                                                          ■ バックナンバーへ ■

スポンサーサイト
| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<寒い時期には大活躍!~生姜のチカラ~ | ホーム | 食欲の秋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/120-72165a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |