食欲の秋
最近は空気もひんやりし、とても過ごしやすい季節になりましたね。
だんだん深まり行く秋、この時期「食べ物がとても美味しい!!」と食欲がぐんぐん湧いてきます、まさに『食欲の秋』ですね。
どうして秋になると食欲が湧いてくるのでしょう?


① 夏は暑さによる食欲不振や、クーラーなどによる室内外の気温差で自律神経が乱れ消化機能が低下します。しかし気象条件が快適で安定している秋は体内環境のバランスが保たれるので消化機能が亢進して食欲が進むのです。

② 食欲には日照時間の長さも関係していて秋になると日照時間が減少します。日に当たる時間が短いと脳内のセロトニンという食欲などをコントロールする物質が減少します。セロトニンの分泌量を増やすには糖質・乳製品・肉類をしっかり食べることが大切です。そうすることで体が栄養を欲しがり食欲が増すのです。
また、セロトニンの分泌には十分な睡眠も有効なためぐっすりと眠ることも大切です。

③ 気温が低下することによって、体温を保持するために熱を作ろうとし基礎代謝がアップします。基礎代謝がアップするとそれだけでエネルギーを使うため、その分補給しようと食欲が増すのです。


さて、秋の味覚といえば何が思いつきますか?


さんま
秋は魚を食べる機会が増えるという人も多いのではないでしょうか。
秋といえば脂がのった『さんま』が美味しい季節。





たんぱく質のほかDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸、ビタミンA、E、D、B12などが豊富。
脳細胞の活性化や血栓を予防するほか、免疫力の向上や貧血予防とその症状の緩和などの効能があります。
脂を無駄なく食べるには丸焼が最適。魚の焦げに含まれる発がん性物質を分解する働きがある大根おろしと一緒に食べるとよいでしょう。

他の魚介類では、鮭、鯖なども秋が旬です。
イモ類では、さつま芋、里芋、じゃが芋など。
さつま芋には食物繊維(セルロースという不溶性食物繊維)が多く、便秘の予防や解消にも有効です。
『さつま芋』で注目の成分が「ヤラピン」。さつま芋を切った時に出てくる白い液体です。
ヤラピンには緩下作用(腸の蠕動運動を促し便を軟らかくする)があり、含まれる食物繊維との相乗効果でお通じを促してくれるのです。また熱にも強いため加熱調理しても効果は失われません。

その他にも、カリウムやビタミンCも豊富です。さつま芋のビタミンCはでんぷん質に守られているので、熱に強く壊れにくいのが特徴です。皮の近くには食物繊維やヤラピンなどの栄養が集中しているため、皮をきれいに洗って皮ごと料理をするのがお勧めです。また時間をかけてじっくり加熱(65~75℃)するほうが、酵素が働き甘味もアップします。
秋に美味しくなる『きのこ類』。しいたけ、しめじ、まいたけなど。

種類が豊富で味わいも豊か、低カロリーで食物繊維も豊富です。β―グルカンという成分には、免疫機能を高め、がん抑制の効果もあります。
しいたけやぶなしめじに含まれているうまみ成分のグアニル酸は、干したり凍結したりすることで増加します。生のものより干ししいたけの方が風味が強いのはそのためです。
戻し汁にはこの成分が溶け出しているので、ぜひ料理と一緒に使って下さいね。

かき秋の果物は、酸味が少なく甘味が強いものが多くみられます。柿や梨、ぶどうなど。
『柿』には、ビタミンC、カリウム・食物繊維などが豊富で、ポリフェノールの一種であるタンニンが含まれています。タンニンには強い抗酸化作用があり、血圧の安定や疲労回復に効果があります。他にもタンニンにはアルコールの分解にも効果があるといわれているので、アルコールを飲む前に柿を食べておくと、悪酔いを防げます。



旬の食べ物には栄養が満点!
食欲に身を任せ、後で後悔してしまわないようにしましょうね。バランス良く食事をし、気候も良いので軽く体を動かすことも始め、スポーツの秋・食欲の秋を両方楽しんでみませんか?

先日友人と旅行に出掛けました。観光地を巡るために坂や階段を登り下りすることで運動とかしこまらずに体を動かすことができ、地の美味しい食事を堪能し、夜はゆっくり温泉に浸かって楽しいひと時を過ごしました。こうやって、出掛け先で秋を満喫するのもお勧めですよ。
                                                          



参考文献:栄養学と食のきほん辞典
さば



                       管理栄養士/山中裕美 (やまなかひろみ)
                           2016年10月号
                                                          ■ バックナンバーへ ■



スポンサーサイト
| バックナンバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<紅茶で幸せな時間を | ホーム | 木の実の季節 ~もっと知ろうナッツの栄養成分~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eiyoushinoheya.blog60.fc2.com/tb.php/119-21fe8610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |